スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出目金レンズ

出目金レンズ

一眼レフレンズの中で、超広角ともなると、出目金みたいなレンズが多くなってきます。
あんまり、見かけないレンズが多いと思いますから、参考までにご紹介しますね。
左から
Tokina AT-X16-28F2.8ProFX(広角のトキナーの名玉)
Nikon AF-S14-24F2.8G(ニコンの現役大三元レンズ)
Sigma DG12-24F4.5-5.6EX(12mmは現在、最広角です)
Canon EF8-15F4L Fisheye (魚眼レンズです)

「超広角レンズなんて、1本持ってればいいのでは?」
そんな声が聞こえてきますけど・・・

そのうち気に入った1本にしよう!・・・いつか・・・そのうちに・・・
関連記事
スポンサーサイト

MacroPlanar100mmと50mm(2)

MakroPlanar100F2ZF2,50F2ZE(2)

MacroPlanar100mmF2ZF2とMacroPlanar50mmF2ZEを伸ばしたら、こんな感じです。
こんなに伸びると思ってました~?

ところで、いつも聞かれる質問なのですけど、
「どうしてD800、EOS5DIIIを使用しないんですか~?」

僕は、いつも「(重量が)軽いから」と答えてますけど・・・
本当は「(経済的負担が)軽いから」なのでした・・・

関連記事

MakroPlanar100mmと50mm

MakroPlanar100F2ZF2,50F2ZE(1)

最近良く使用するマクロプラナー
D610にMakroPlanar100F2ZF2、
EOS6Dには、MakroPlanar50F2ZEを使用してます。

どうしてって?

理由は、
D610では、AF-S60MicroF2.8G NanoClystalCoatを使用したい・・・
EOS6Dでは、EF100F2.8L IS Macroを使用したいから・・・・
ということで、焦点距離が被らないように、こうなってしまってしまったのです。

いずれ、どちらかのマウントに絞ると思うけど、いまはまだこのままにしときます。
今度、キャノンから新型広角レンズ、発売されるそうですから・・・
それをみてからですね。。
関連記事

天正遣欧少年使節、原マルチノ出生(波佐見)

原マルチノ出生の地(波佐見)

天正遣欧少年使節団とは、1582年(天正10年)に九州のキリシタン大名、大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の命を受け、ローマへ派遣された4人の少年使節団のことらしいのですが、三大名で四人とは、どこの大名が2人だしたのだろうか?と思って調べてみました。

大友宗麟の血縁:伊東マンショ(主席正使)
大村晴信の従兄弟:千々石ミゲル(正使)
大村純忠の家臣、中浦城主中浦純吉の子:中浦ジュリアン(副使)
有馬神学校で学んでいた波佐見城主の子:原マルチノ(副使) 司祭

原マルチノは、語学が優れていたので天正遣欧少年使節団に抜擢されたのだそうです。
その時、12~13歳だったそうで、頭が下がります。。
関連記事
プロフィール

Mackie

Author:Mackie
キャノンのカメラ・レンズのシリアルナンバーの研究してます・・・(フリーリンクです。ご連絡も不要です。勿論ご連絡頂ければ返信させて頂きます。。)

ブログ・ランキング・クリックご支援、お願いします m(_ _)m
応援して頂けたら嬉しいです

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

50歳からの写真部

KsK's Photography

紅巧房 あっちゃんの部屋
Welcome to ZeissLeica
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
408位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。