スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菖蒲祭り (佐々・皿山公園)先着500人に!

菖蒲祭り (佐々・皿山公園)

佐々町・皿山公園に行ってきました。

菖蒲祭りということで、飾り付けや露店の準備で忙しそうでした。

肝心の菖蒲も綺麗に咲いています。
一週間前はまだまだだったのに、祭りの日にはきちんと咲くのですね。
係りの方の御苦労が伝わります。。

6月1日11AM~先着500人に「ぜんざい」が、
6月2日10AM~先着500人に「まぜご飯」が配られるそうですよ~!

ちょっとした、情報でした・・・。。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

佐賀市歴史民俗館

旧古賀銀行(佐賀市)

佐賀市歴史民俗館

佐賀市にある旧古賀銀行に行ってきました。

現在は、佐賀市歴史民俗館となってます。大正時代の煉瓦造建築物は素晴らしいですね。特にこの建物はそう感じました。

お隣は、古賀銀行元頭取邸宅で、こちらは純和風ですね。でもバランスは悪くないのが不思議です。歴史の重みでしょうか?
関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

松原の大楠(樹齢650年)

松原神社の白磁の鳥居(佐賀市)

松原神社の松原の大楠(樹齢650年)です。
今から650年前だと、室町時代の初期頃ですね。
室町時代から、戦国時代、安土桃山時代、江戸時代、明治、大正、昭和、平成と、この松原神社の大楠は人間の営みを見てきたのかもしれません。。

これからも、ずっと私達を見守っていてほしいですね。。

関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

巨大な朱塗りの灯篭!(松原神社)

巨大な朱塗りの灯篭!

佐賀にあります松原神社にいってきました。
そこには、存在感抜群の巨大な2つの朱塗り灯篭がありました。

松原神社は、鍋島直茂を祀っています。また河童の木彫りがあり、河童伝説があります。境内には白磁の鳥居と楠の巨木がありました。

松原神社の近くには7つの神社が密集しており、神社の梯子ができてとても楽しめます。
これも、佐賀流でしょうか?
感心するばかりです。。
関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

佐賀城本丸歴史館

佐賀城本丸歴史館

佐賀城本丸歴史館にいってきました。

この門は、佐賀城の鯱の門です。天守閣はなく、この奥に佐賀城本丸歴史館があります。
歴史館で興味を持ったものは、戊辰戦争のとき使用された鉄砲です。
大河ドラマ「八重の桜」を楽しみに見ていますけど、薩長軍の鉄砲は7連発で、幕府軍の鉄砲は火縄銃。
この差が、勝負の明暗を決めたのだと思いました。

佐賀県人は、勝敗を見極める能力も高かったのだと思います。薩長軍の勝利を見極めたのでしょうか?きちんと勝利する軍勢に加担してますよね。。さすがです。
また、歴史館の展示内容にも、良く考えてみれば、今旬の話題を取り上げてました。
こういうところが、佐賀県人の特質だと思います。
昔も今もさすがだと感心しました。。

(館内は撮影不可でしたので、門を撮影しました)
関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

「昆虫写真撮影実践講座」(栗林彗指導)

「昆虫写真撮影実践講座」(栗林彗指導)

今日は、たびら昆虫自然園で開催された「昆虫写真撮影実践講座」(栗林彗指導)に参加してきました。
8人の生徒に、「昆虫写真撮影の第一人者である栗林彗先生の指導ということで、かなり贅沢な講座でした。

私は、かまきりやとんぼなどの捕食昆虫が好きなのですけど、今日は「あめんぼ」をテーマに撮影しました。
あめんぼも良く見ますと、なかなかおもしろい昆虫ですね。

6本の足のうち4本で体を支え、2本で獲物をしっかり捕まえて食べるのです。
あめんぼも、りっぱな捕食動物なのです。

今日は、あめんぼと過ごしていろいろなことがわかりました。
また、先生のご指導、園長のジョークなど楽しい一日でした。。

感謝です。。
関連記事

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

佐嘉神社の大砲!

佐嘉神社の大砲!

佐嘉神社(さがじんじゃ)は、佐賀県佐賀市にある神社なのですけど、私が興味を持ったのは、神社入り口に設置してある大砲。。神社と兵器って、かなりのミスマッチではないですか?実は写真の大砲の後ろにも、小型の大砲がもう一基、設置してあるのです。。

この大砲は日本製の大砲で、日本で最初に作られた大型大砲のようです。もちろん、佐賀で作られたわけで、そのことを記念して、展示されているわけですけどね。。

宝くじの宝当神社といい、こちらといい、佐賀には不思議がいっぱいありますね。。。

関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

みかんドーム(西海市)

みかんドーム(西海市)

西海市にあるみかんドームに行ってきました。

ここに来たら、みかんの皮が入ったみかんジェラートを食べましょう!
その他、みかんジュースやクッキーなども・・・

西海みかんは、やはり格別だと思います。。

関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

西海橋公園の花壇!

西海橋公園の花壇

西海橋公園にて撮影。。
桜もいいですけど、
色とりどりの花壇もいいものです。。

綺麗な花壇のそばの芝生に寝転がって、
太陽の暖かさを感じながら、
ゆっくりとした時間を過ごしたいです。

関連記事

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

とんぼ池(崎戸)

とんぼ池(崎戸)

約30種のとんぼが生息しているとんぼ池に行きました。
写真のトンボは、シオカラトンボだと思います。。

近くに寄ると逃げてしまいますので、35mm換算で450mm(D7000+70-300mm)で手持ち撮影しました。
これから、トンボのシーズンですから、今年は、大好きなとんぼを追っかけたいです。。

関連記事

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

浦頭引揚記念平和公園(佐世保)

浦頭引揚記念平和公園(佐世保)

浦頭引揚記念平和公園(佐世保)に行ってきました。

第二次世界大戦が終了し、海外にいた日本人は、博多、浦頭、舞鶴など10か所程の港に、一斉に戻ってきたのです。これが引揚者ですけど、博多、浦頭が約139万人でほぼ同数で最多でした。

「どのような方々が戻られてきたのでしょうか?」と尋ねますと、ほとんどの方が「兵士」だと答えますが、実際はそうでもありません。数字でいいますと、陸軍613千人、海軍24千人、一般759千人でした。
兵士の数より、一般人の数の方が多いのです。
この点が重要なことなのです。

終戦までの日本は、満州、中国、朝鮮、東南アジア諸国を植民地として、多くの日本人が事業を行ったり、仕事をしたりしていたわけです。
当然、多くの日本人が植民地に居住していたわけです。
これらの方々は、敗戦により、所有していた土地や権利など、すべてを失い、日本に戻る他なかったのだと思います。まさに着の身着のままの状態です。
でも、帰ると言っても、中国の奥地に住んでいる方が日本に帰るとなるとどのくらいの日数が掛かったのでしょうか?汽車も簡単には乗せてもらえないでしょうし、お金もありません。また、食料や水も確保しないといけません。今みたいにジェット機で帰ることは出来ないのです。当然船旅ですから、日数も掛かりますし、衛生面も問題があったと思います。

場所にもよるでしょうが、中国の奥地からだと一か月程度かかったという方もおられるようです。
ほんとに苦難な旅だったと思います。中には親を失い、兄弟、姉妹だけで帰ってきたという方もおられたようです。姉妹(12歳と14歳)で帰ってこられた方の手記には、食料は、海藻を干して、それを袋に詰めて、それを船の中で少しずつ食べて飢えを凌いだとあります。この話を聞いて、涙が出そうになりました。。厳しすぎます。。

それに、この時代、靴などほとんど履いてなかったようです。ほとんどが草履、ゴム草履もあったそうですけど、走るとすぐに破れる粗末なものだったようです。

船の中で亡くなった方の人数も10人や20人ではありません。なんと4千人弱の方々が、船中でなくなっているのです。それほど、日本に帰る帰路は、厳しいものだったのですね。。

このことは、私たちは決して忘れてはいけないと思います。
そして、ここ浦頭平和公園にある資料館で、ずっと後世の方々に伝えて行って欲しいと思いました。。

手記を、そして姉妹のことを思いながら、写真の平和像に「これからも平和な時代が続きますように・・・」と祈らずにはいられませんでした。。
関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

吾輩は犬である?(たびら昆虫自然園)

吾輩は犬である?

吾輩は犬である?なんてことあるはずありませんよね。。

この毛虫は、危険が迫ると、威嚇のために、このように犬の様な姿になるみたいです。なんという名前なのかわかりません。現在調べ中です・・・・

それにしても、誰が教えるというわけでもないでしょうけど、昆虫って不思議で、とっても興味深いですねー。
犬って動物が存在していることすら、わかってないと思いますからね・・・

でも、ちょっと気持ち悪いのもいますけどね・・・(笑)
関連記事

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

大島大橋(西海市)vol3

大島大橋(西海市)vol3

岩場に降りて大島大橋を撮影。。
丁度、船がとおってましたので、思わずパチリ。。

辺りには、のんびりとした、
穏やかな時間が流れてました。。

関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

大島大橋の真下の海(西海市)vol2

大島大橋の真下の海(西海市)vol2

大島大橋の真下の海です。。
とても綺麗でした。。

関連記事

テーマ : 海のある風景 - ジャンル : 写真

大島大橋(西海市)vol1

大島大橋(西海市)

大島大橋(西海市)の写真です。。

銀色のつり橋って、地味だと思ってましたけど、
かっこいいですねー。。

塔の先端が尖っているのがいいです。
それに、大島の海は、とっても綺麗です。

関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

皿山公園の鴨の夫婦(佐々町)

皿山公園の鴨の夫婦(佐々町)

皿山公園の鴨の夫婦です。
暑かったので、木陰で休憩中でした。
オスは居眠り中でしたけど、メスはずっと立って、見張り番。
鴨の世界では、亭主関白が普通なのかもですね。

とはいえ、素敵な夫婦だと思います。
なぜって、だって、亭主関白って、昔の日本人みたいで、
かっこいいじゃないですか・・・
絶対、素敵です。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

炭鉱の煙突とアパート(歴史的建造物/崎戸)

炭鉱の煙突と炭鉱時代のアパート(崎戸)
西海市崎戸町に行ってきました。。

崎戸は、炭鉱の町でした。。
閉山は昭和42年頃でしたでしょうか?
人口は、約3万人から現在約1300人になっているそうです。

この島には大きな山が無いので、ダムがなく、人口3万人のときは、
船で水を運んでいたそうです。大変でしたね。。
それで、製塩工場を誘致し、製塩の副産物の水を活用する施策が考えだされたのだとか・・・
この島の製塩工場の規模は大きく、600t/dayで九州No1。。
当然、水も大量に出来るそうです。でも、現在の人口では、当然余りますよね。
だから、この島は、水不足はおこりません。
水不足が深刻な佐世保市民としては、羨ましいですね。

写真の煙突は、三菱炭鉱の煙突。。
鉱山は、地下数百mの深さで、エレベーターでも1.5分程、かかったらしいですよ。
他にも、煉瓦造りの巨大な煙突があったらしいですが、解体してしまったそうです。。
大変残念です。。

煉瓦造の巨大煙突など、なかなかありませんから・・・
資料館には、写真が残っていました。
大変、貴重な写真だと思います。
写真の煉瓦の煙突の天辺には、木が生えていましたよ。。

それから、写真のアパートは、炭鉱夫が住んでいたアパートで、当時は沢山(十棟以上)あったそうですが、
写真以外は、既に解体されてしまったそうです。
このアパートは、外壁を塗って、現在も使用しているのだとか・・・
築50年ぐらいにはなってるでしょうけど、鉄筋コンクリート造ですから、
耐久性では大丈夫だと思います。室内の設備は、リフォームすればいいわけですからね。。

江戸時代、捕鯨の島として、大村藩の重要な産業だった時期もあるのです。
それから、炭鉱の町、現在は、製塩業の街でしょうか・・・

現在は、橋(無料)がかかっており、離島ではなくなっています。
海も美しく、素晴らしい街だと思います。

炭鉱の街、崎戸

炭鉱時代の歴史的価値のある建造物は、是非保護してほしいと思いました。

関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

たびら昆虫自然園!初入園

たびら昆虫自然園!

たびら昆虫自然園に行ってきました。

ここは、かつての日本の風景を再現した場所で、
小川が流れ、池があり、雑木林に、草原・・・
などの環境が整った場所です。
そこに、自然の昆虫たちが住み、それを観察する場所なのです。
一般のガラス張りの箱に、昆虫を入れて眺める場所ではなくて、
びっくりしました。。

私は今日初めて入園したのですけど、昔ながらの環境に感激し、
年間パスポート¥800/年に入ることにしました。
目的は、トンボとカブトムシ、クワガタ、ホタルなどの撮影をしたいからです。。

今日は「アカスジカメムシ」を見つけました。
カメムシだけど、ちっとも臭くなかったです。
そして、お腹は、赤と黒の斑点模様。
背中側は、赤黒のストライプ模様で、サッカーのACミランのユニフォームみたいで、
とっても、かっこよかったので、思わず、パチリ。。

http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_akasuji.htm

http://www.city.hirado.nagasaki.jp/city/info/prev.asp?fol_id=3818

関連記事

テーマ : 昆虫の写真 - ジャンル : 写真

潜竜ヶ滝の案内犬・ハナとマル・・・行方不明!

潜竜ヶ滝の案内犬・ハナとマル・・・行方不明!

潜竜ヶ滝の案内犬・ハナとマルのところに
餌を持っていったのですけど・・・

なんと、行方不明!

近くにある龍王寺の管理人さんに尋ねてみると、
5月8日から、姿を見ないらしいです。
ってことは、1週間も行方不明になってるのです。。

保健所にも確認されたそうですけど、
預かってないそうです。

あとは、誰かが連れて行ったか?
何らかの理由で、この場所を離れて行ったのか?
理由はわからないまま・・・

直前がGWでしたので、この期間に誰かが連れて行ってしまった気がします。
龍王寺で飼おうとなっていた矢先のできごとで、とても残念です。

今はただ、無事で暮らしてますように・・・
そう、祈るしかありません。。

関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

全校生徒8人の高島小学校!vol3

全校生徒8人の高島小学校

全校生徒8人の高島小学校

その内6年生が3人だとか・・・
来年は新入生1人なので、全校生徒は6人に・・・
だんだん少なくなりますね。。
廃校とかにならなければよいのですけど・・・

子どもが少なくなる理由は、
島に嫁が来ないことだそうです。
やはり島は人気ないのでしょうか?
こんなに素晴らしい場所なのに・・・

それから、木造二階建ての校舎。。

実際に使用されている木造校舎って、あと幾つあるのかしら?
それに学校の近くにビーチがあるのですけど、プールもありました。。
ビーチで泳いだ方が楽しそうですけど・・・
私は、素敵な木造校舎に、一目ぼれです。。

関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

唐津城天守閣からの高島!vol2

唐津城天守閣からの高島

唐津城天守閣から撮影した高島です。。

海が綺麗です。
高島に行ってびっくりしたのは、海の水の綺麗なこと。。

川を流れる水が無色透明なのですよ。
佐世保ではありえません!

関連記事

テーマ : 海のある風景 - ジャンル : 写真

宝くじの神様「宝当神社」vol1

宝くじの神様「宝当神社」

宝くじの神様「宝当神社」に行ってきました。

唐津城近くの駐車場に車を留めて(400円/日)橋を渡り、船着き場へ・・・
唐津から高島まで船で10分、天気もよく最高の日和でした。。

この高島には、宝くじの神様が祀られていて、観光客が沢山訪れます。。
村おこしの成功例でしょうか・・・

私は、島を散策して、海岸や学校、魚料理をしてくれる食堂など、
3時間半ほど島を散策しました。

島の方々にあいさつの声をかけると、親切に返事してくれ、
島のお話を沢山聞くことができ、勉強になりました。。

私は、宝くじを買ったことがないのですけど、
島全体の長閑な漁村の風景に魅了されました。。

素晴らしい島だと思います。。

関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

ザビエル教会とイエス像

ザビエル教会とイエス像

倭寇についての本を読んでみると、平戸、松浦、壱岐、対馬など、長崎県北部が本拠地として、博多、瀬戸内海にまで勢力を伸ばしていたらしいです。そしてその後、琉球王国や中国人まで、倭寇となっていたらしいのですよ。
倭寇は、日本人の海賊で、元寇が中国の海賊だと思っていたので、新たな発見でした。。
さらに倭寇の末期頃は、中国人の倭寇が多くて、中国や朝鮮を荒らしていたというから、またびっくりしました。

以上のように14~15世紀ごろには、ここ平戸は、海外に向けて大きな力を持っていたのだと思い、平戸の奥深さをまた感じてました。。

倭寇、東インド会社のオランダ商館、キリシタン、どれをとっても、海外と密接に関わっている物ばかりですよね。。

平戸!深いです。。

関連記事

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

ロマンティック長崎!ジオラマ

ジオラマ夜景・長崎!

長崎駅、港付近を逆ティルト撮影してみました。
さすが、世界三大夜景ですね。
美しいーです!

関連記事

テーマ : 夜景 - ジャンル : 写真

ジオラマ夜景!

ジオラマ夜景!

佐世保市内・駅、港周辺の夜景をジオラマ風に撮影してみました。
なかなか、ミニチュアっぽくなりませんが、
逆ティルト撮影は、背景の灯りを綺麗にぼかすことができるので、
夜景撮影に向いているかなって感じてます・・・

関連記事

テーマ : 夜景 - ジャンル : 写真

稲佐山展望台って素晴らしい!

稲佐山展望台

稲佐山展望台の1F内部です。。この建物の屋上が展望台になってます。。
景色の美しさも素晴らしいですけど、展望台自体も大変素晴らしいーと思いました。

ここは、素晴らしい景色を見てもらおうと努力している長崎市の姿が見えます。。
そして、景色だけではなく、展望台自体もおしゃれに作って、展望台としての完成度をあげているように思います。

多くの展望台は、見晴らしを常に管理していないのでしょうね。観光誘致などといってますが、重要なことが抜けている行政が多いのでは??
例えば、展望台の前に大きな木が伸びていて、景色が十分楽しめない場所が多いと思います。これって展望台からの景色を楽しみにしてきた観光客ががっかりすると思うのですよね。

この稲佐山展望台は、よいお手本のように感じました。。
さすが世界三大夜景に選出されただけあると思います。。
関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

今日は晴天、雲よ去れ!

今日は晴天、雲よ去れ!

朝5時半頃、弓張岳展望台から撮影した朝焼けの写真です。

太陽が厚い雲を吹っ飛ばそうとしているように感じられて、
寒さも忘れ、爽やかな朝を迎えることができました。

偶には朝日を見るのも悪くないなって思いました。。
関連記事

テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル : 写真

長崎オランダ村、久しぶりの入園!無料です。。

長崎オランダ村、久しぶりの入園!

今日は、長崎オランダ村に久しぶり入園させて頂きました。。

現在、オランダ村は、一般公開中で、既に6000人も入園されているそうです。。
私も、その一人になれて嬉しい感じです。。
しかし、いつの間に6000人も・・・やはりすごい人気なのですねー。。

園内を散策してみますと、まだまだいけてる建物が沢山あって、いいですね。。
特に、ボンゴシで出来ているウッドデッキは、全く問題ない感じでした。。
これって、すごいことだと思います。。

帰りに、アンケート記入したら、ポーセリンのオランダ村キーホルダーを頂きました。。
これ、とってもかわいいーですね。名前はリップちゃんでしたっけ?

それから、長崎オランダ村のMAP(園内地図)が1枚しかなくて、
とても貴重品となっているそうです。
もし、所有されている方が居られたら、寄付してほしいそうですよー。
私も、探してみたいと思います。。

また、是非、行きたいと思います。。

http://www.city.saikai.nagasaki.jp/docs/2011030700097/


関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

佐世保インター付近のジオラマ!

佐世保インター付近のジオラマ!

佐世保インター付近のジオラマです。。

ミニチュア撮影、難しいです。
なかなか上達しませんけど、最近は、ほぼ毎日
逆ティルト撮影、頑張ってます。。

少しだけ、ボケ方がわかってきた感じします。。
まだまだですけど・・・
関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

佐世保市役所のジオラマ!

佐世保市役所のジオラマ!

佐世保市役所のジオラマ風写真です。。
ティルトアダプター遊び、面白いです。。

関連記事

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

プロフィール

Mackie

Author:Mackie
キャノンのカメラ・レンズのシリアルナンバーの研究してます・・・(フリーリンクです。ご連絡も不要です。勿論ご連絡頂ければ返信させて頂きます。。)

ブログ・ランキング・クリックご支援、お願いします m(_ _)m
応援して頂けたら嬉しいです

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

50歳からの写真部

KsK's Photography

紅巧房 あっちゃんの部屋
Welcome to ZeissLeica
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
513位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。