スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年頃の皿山公園の菖蒲

2013年頃の皿山公園の菖蒲

2013年頃の皿山公園の菖蒲です。
現在は撤去されてますが、水車がまだありますね。
懐かしい気がします・・・
スポンサーサイト

雨上がりの菖蒲part3(佐世保花園)

雨上がりの菖蒲part3(佐世保花園)

EOS-1DX+EF100mmF2.8L+NissinDi700A+Air1
f2.8,1/125,ISO100,Di700Aは1/2発光

メタリック・ローズ

メタリック・ローズ


メタリック・ローズ

EOS-1DX+EF100mmF2.8LisMacro+NissinDi700A+Air1
f/2.8,1/125,ISO-100,フル発光

撮影:2016.5.29 佐世保花園

池に咲く菖蒲(佐世保花園)

池に咲く菖蒲(佐世保花園)


佐世保花園の重村社長の了解のもと、撮影させて頂きました。
池に咲く菖蒲も綺麗でした・・・

1DX+EF70-200F2.8LISii
70mm,f/2.8,1/8000,ISO100

雨上がりの菖蒲part2(佐世保花園)

雨上がりの菖蒲part2(佐世保花園)


EOS-1DX+EF100mmF2.8LisMacro+NissinDi700A+Air1
f/2.8,1/125,ISO-100,Di700Aは1/4発光

雨上がりの菖蒲(佐世保花園)

雨上がりの菖蒲(佐世保花園)


EOS-1DX+EF100mmF2.8L+NissinDi700A+Air1
f2.8,1/125,ISO100,Di700Aは1/2発光


路傍の花(フユシラズ)

フユシラズ(冬知らず)


フユシラズ(冬知らず)という路傍の花です。
桜より早く、春の訪れを教えてくれます。
マーガレットの蕾のようにも見えたりします・・・

(EOS7DⅡ+EF100-400LISⅡにて撮影)

ブーゲンビリアの温室(佐世保花園)

ブーゲンビリアの温室(佐世保花園)

佐世保花園という名前がありますから、花のテーマパークか花農園かと思ってしまいますが、実は個人の方の庭園です。
だから、入場料とかありません(挨拶が入場料)。

ただ、繁忙時には、来客がゴミを出すので、牡丹の時期のみ、数日間500円もらうそうです。
庭園と山林で2万数千坪らしいですが、個人の庭園としては、すごくないですか?

温室もかなり大きいですし、アルミ製で頑丈な作りです。
花のスタッフも5人います。
入場料収入なしに、スタッフ5人を雇って造園整備しているわけですから、凄いと思いませんか?

社長さんの人柄も素晴らしく、将来、この佐世保花園が、美しい場所として、佐世保の名所になるといいなあと思っています。

春の花の時期が待ち遠しいです・・・

(NikonD800+AF-S24-70F2.8Gにて撮影)

佐世保花園のシンビジウム

佐世保花園のシンビジウム


佐世保花園の金閣寺の建設状況が気になり、訪問してみました。
現在、鉄骨での土台工事中です。
かなり、大きい鉄骨でしたので、完成が楽しみになりました。

ところで、温室へ行ってみますと綺麗なシンビジウムがたくさん・・・
色は、こちらの一色のみでした。

ところで、シンビジウムは洋ランの一つなのですが、四大洋ランを全部言えますでしょうか?

答えは、カトレヤ・パフィオペディルム・デンドロビウム・シンビジウムの4つです。
画像は、下記をご参考に・・・

http://matome.naver.jp/odai/2139315110549423701

「洋ラン栽培はパフィオに始まり、パフィオに終わる」と言われているそうですが、確かに美しく、繊細ですね。
ホントに奥が深い世界だと思いました。


世界一美しい葉の植物(佐世保花園)

ブーゲンビリアの葉(佐世保花園)

佐世保花園付近の山が美しい紅葉していますので、撮影に行ってきました。
紅葉も美しかったのですが、佐世保花園の温室の中を撮影させていただきましたので、今日は、こちらを・・・

鮮やかな色のブーゲンビリアがたくさんありました。
ピンク、白、赤、オレンジ、紫、黄色・・・
何本あるのかわからないほどの数です。

常時、5名のスタッフが植栽管理を行っているそうです。
こちらは、無料の施設ですから、経費も凄いと思います。
今後、池の増築と金閣寺の建設も計画中なのだとか・・・
びっくりです、個人でここまでされるとは・・・
社長様ともお話しましたが、素晴らしい方でした。

ところで、ブーゲンビリアの花を近くで見られたことがあるでしょうか?
鮮やかな色の部分が、どこか葉の葉脈があるみたいとか、思いませんでした?

そうなんです。
鮮やかな色の部分は、葉っぱです。
花は、真ん中の白い部分だけです。

たぶんですけど、ブーゲンビリアは常夏の国に咲いている花ですから、このようなスタイルの方が都合が良かったのでしょう。
進化したんですね。

従いまして、香りを楽しむことはできません。
実際体験してみましたが、全く何の香りも無しでした。

さらに、ブーゲンビリアには棘があります。
薔薇の棘より数倍も長く、かなり深く刺さり危険ですから、観葉植物には不向きですね。

そして、写真だと分りづらいですが、かなり大きい木です。
写真のブーゲンビリアで高さ2m程・・・

今日は、紅葉の撮影のおまけで訪れた温室のブーゲンビリアの虜になってしまいました。

美しい花には棘があるそうですが、美しい葉にも棘がありました・・・
ブーゲンビリアは「世界で一番美しい葉」かもしれません・・・

プロフィール

Mackie

Author:Mackie
キャノンのカメラ・レンズのシリアルナンバーの研究してます・・・(フリーリンクです。ご連絡も不要です。勿論ご連絡頂ければ返信させて頂きます。。)

ブログ・ランキング・クリックご支援、お願いします m(_ _)m
応援して頂けたら嬉しいです

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

50歳からの写真部

KsK's Photography

紅巧房 あっちゃんの部屋
Welcome to ZeissLeica
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1287位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
466位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。